神経痛に効く薬のおすすめは?神経痛に痛み止めは効かない?

神経痛とストレス

 

ストレスで神経痛が起こるとも言われていますが、それは本当でしょうか。ストレスと神経痛の関係について探っていきましょう。神経痛と言うのは、末梢神経が圧迫されるなどして損傷を受けると起こります。神経とストレスになんの関係があるのか不思議に感じる人もいるはず。実はとても深い関係があるんですよ。ストレスをなるべくためない生活が、神経痛の予防になるとも言われています。

 

ストレスと神経にはどんな関係があるか
ストレスは体にとって良いものではありません。いろいろな病気を引き起こす原因になるからです。神経痛もその一つ。神経は大きく分けて、運動神経と感覚神経と自律神経があります。ストレスが影響するのは、自律神経です。これには交感神経と副交感神経があるのですが、ストレスを感じると交感神経がはたらきます。逆にリラックスしている時には副交感神経がはたらきます。

 

神経痛とストレス
強いストレスによって、交感神経がはたらいてる状態が続くことにより、副交感神経の働きが鈍ります。そうすると、筋肉が固くなってしまい血のめぐりが悪くなります。そのために、老廃物が体に溜まってしまうのです。その結果体に不調が現れると、それがまたストレスになるといった悪循環に陥ります。

 

神経痛と言うのは、その原因が様々です。ストレスによって神経痛になったという人も多いですが、中には原因不明のものもたくさんあります。体に異変を感じたら、病院に行くことをおすすめします。

 

神経痛と運動

 

誰にでも起こる可能性がある神経痛は、末梢神経が刺激されることで起こります。体の様々な部位で痛みが生じ、時には激痛に苦悶する人も多いです。そんな神経痛には、たくさんの原因があります。原因が多過ぎる上に、検査をしても原因が不明の場合もあります。根本的な予防が難しい、厄介な症状なのです。

 

でも、日頃からの心がけで何か出来ることがあれば試したいですよね。坐骨神経痛のことを例に挙げます。これは、椎間板ヘルニアとか腰部脊柱管狭窄症が原因となっていることが多いです。この原因を取り除くためには、体のバランスを保つ筋肉をつけたり、柔軟性を高めることで背骨への負担を減らすことが大切となります。簡単なストレッチでも続けて行くことで予防につながります。

 

肋間神経痛という、肋骨付近が痛む症状については、日頃からの姿勢が大切です。正しい姿勢を意識して、胸や背中への負担を減らしましょう。これも毎日の積み重ねで予防となります。もしも肋間神経痛が起きた場合には、咳やくしゃみへの配慮が必要です。

 

自分の体の事を、もっと大切にしましょう。普段からの姿勢を気を付けることで、体のゆがみがなくなります。そして、バランスの良い食生活も大切です。適度な運動をしたり、飲酒喫煙を控えるような生活習慣も大切です。健康的な暮らしを心がけるようにしましょう。簡単なようでなかなか実践できないのが、生活習慣の改善です。常に意識しながら、見直していきましょう。

 

神経痛と漢方薬

 

体にビリビリ痛みが走ったり、発作的に激痛が起こったりするなどの神経痛の症状を経験したことはあるでしょうか。経験者にしか分からない辛い症状です。慢性化しやすい神経痛は、早めの対処が大切。漢方による対処法をご紹介します。

 

漢方では、痛みの原因に働きかけます。まず、痛みのタイプを判断するところから始めます。

 

疎経活血湯(そけいかっけつとう)
慢性的な痛みに悩む人におすすめの漢方薬です。雨の日に悪化することが多かったり、夜になると痛くなったりする人など。

 

桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)
冷えると傷むタイプの神経痛に効果的。寒い日やエアコンで冷えた部屋にいると痛みが出るが、お風呂に入るなどして温まると痛みが治まるタイプ。

 

桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)
体力があまりなくて、冷えによる手足のこわばりに悩んでいる人、尿量が少ない人、動悸や目眩がある人、筋肉がひくつく時などに良い漢方薬です。

 

私たちの体が傷つくと、脳に情報が伝わり、どの部分に異常が起こっているかを把握するシステムになっています。痛みのある部分を治そうとしますよね。痛みを感じた時点でストレッチをするなど、何らかの対処をすると良いでしょう。体にはたくさんの神経が張り巡らされており、その神経に沿って生じる痛みの事を神経痛と言います。ビリビリとした痛みや、激痛など、人によって異なりますが、辛いことに変わりはありませんね。

 

神経痛と食生活

 

神経痛には原因を特定できる症候性神経痛と、原因不明の突発性神経痛があります。原因が分かれば、それを根本的に治療することができるのですが、原因が分からない場合は対症療法が基本となります。薬に頼りきって痛みを耐えるだけなんて、辛いですね。しかし、食事療法が効果を出すという可能性もあるんですよ。

 

食事による神経痛の改善
毎日の食生活を見直すことで、神経痛に良い影響を与えることが出来るかも知れません。特に血行をよくするような食材を取り入れるのが効果的だそうです。神経痛と言うのは、末梢神経の周りの血管が圧迫されて血行が悪くなるために生じるのですから、その血行をよくしてあげれば改善できるというわけです。

 

具体的には、緑黄色野菜が挙げられます。これにはビタミンA、Cが豊富に含まれているためです。また、DHA、EPAが多いナッツ類やゴマも積極的に取り入れたい食材です。食事だけで充分摂取するのが難しい場合は、サプリメントを使ってみるのも良いでしょう。後頭神経痛の治療には、ビタミンB12の静脈注射が有効となります。5分くらいで痛みが和らぐそうです。忙しくてなかなか病院に行けない人は、飲み薬を処方してもらえば楽ですね。即効性は注射の方があります。

 

神経痛を改善するために、普段の食生活を見直すことはとても大切です。併せて適度な運動を行えば、血行促進により症状の緩和が期待できますよ。辛い神経痛に悩んでいる人は是非お試しくださいね。

 

神経痛について

 

神経痛で悩む人はとても多いですね。縁のない人には分からない苦しみです。これは、末梢神経に痛みが出たり、しびれやふるえなども出たりします。坐骨神経痛や三叉神経痛などがあります。ヘルペスウィルスや、骨による圧迫で引き起こされるほか、まだまだ原因が特定できないものもあります。内科で対応できるような軽いものもあります。

 

神経痛というのは、心因性、ウィルス、外傷、病気、原因不明のものなど、いろいろな場合があります。痛みの場所によって、神経痛のメカニズムが違ってきます。神経痛の症状が出やすいのは、特に首、肩、腕、腰、手足、指、顔などです。症状で特に目立つものは、急激な痛みです。長時間続く痛みや、ふるえやしびれが併発するものなど、多様な症状があります。

 

症候性神経痛と突発性神経痛に分かれるのですが、症候性神経痛というのは原因が分かっているものです。そして、突発性神経痛は原因が不明のものを指します。神経痛は、ストレスによっても引き起こされます。例えば、産後の育児疲れから、頭皮神経痛になった人もいます。頭皮神経痛というのは、頭皮がとても痛くて硬くなる症状が出ます。疲れが和らげば症状も軽くなります。

 

神経痛の予防法は、正しい姿勢が基本です。神経痛が出やすい部分への負担が少なくて済むように、普段の生活で心がけましょう。体に疲れを感じたら、無理をしないで休息を取ることも大切です。神経痛の治療では、薬物療法が主になります。それと一緒に、理学療法を行うこともあります。

 

⇒ 神経痛に効く薬のおすすめ特集@市販で買える商品あるの?

 

坐骨神経痛は何科を受診するべき?

 

坐骨神経痛になった場合、基本的には整形外科に行くものですが、症状によっては別の科を受診した方が良いということもあります。

 

激しい運動をしたり、重いものを持った際に痛みが生じるようであれば、整形外科を受診しましょう。この場合、骨折や脱臼が原因になって痛みが生じている可能性があります。自然治癒もできることもありますが、後々運動機能などに影響が出ることもありますから、症状が出たら早めに受診し、適切な対処をしましょう。何かトラブルが生じて、その時はなんともなくとも、後から痛みが生じることもあります。こういったケースでも、整形外科に行くのが正しい選択になります。

 

もしも、外傷や事故、強い腰部への負担に心あたりが無い場合には、感染症や内臓異常によって痛みが生じていることもあります。この場合はまず内科で診断を受けるようにします。腫瘍や内臓異常、感染症などについて、医師との問診の結果、適切と思われる検査を受けるのが良いでしょう。

 

頭痛、めまい、麻痺といったトラブルは、神経が障害されることによって生じる症状です。痛みと共にこれらの症状がある場合には、何か外傷や病気ではなく、脳の機能にトラブルがあり、神経を刺激していると考えられます。この場合は脳疾患を疑い、脳神経外科を受診しましょう。

 

坐骨神経痛は広い部分に痺れ・痛みなどの症状がある状態ですが、範囲が広い分、原因と考えられるものも非常に多いです。ですから、場合によってはひとつの病院や科で治療が完結しないこともあります。治療の効果がしっかり出ない場合は、他の病院や科を受診することも考えてみると良いでしょう。

 

吉野本葛の成分について

 

吉野本葛とはどんなものなのでしょうか。表示のところを見てみると、「葛でんぷん」という文字が明記されています。そこからもわかるように、「でんぷん」なのです。私たちが普段からよく食べているご飯やパンなどと同じで、一般成分のほとんどが炭水化物となります。中には寒天と同様にカロリーなどはないのだと思っていらっしゃる方もいるようですが、ちょっと違います。他のでんぷんなどと同様に、私たちの立派な栄養源となっているのです。ダイエットとして用いることを考えていらっしゃる方はくれぐれもご注意ください

 

他のでんぷんと比べると、灰分や繊維質が少し多めにはなります。どうしてそうなるかというと、吉野本葛の製造方法が吉野晒といって、古典的な方法によるものだからなのでしょう。工業的な製法と比べてみると、篩別と晒しの工程だけでの精製には限界があるからなのかもしれません。しかしながら、白くに精製された上白糖と比べて黒糖のほうがミネラルがたっぷりで風味もあるように、吉野本葛においても灰分や繊維質が少し多めということは、吉野本葛の良い特徴といえるのではないでしょうか。それに、他のでんぷんと比べると、ほかにはない多くの有効成分が含まれているのです。

 

吉野本葛の原料となっている葛の根というのは、ずっと昔から「葛根湯」といった生薬の原料としても用いられているのです。このことはみなさんも良くご存知のことでしょう。クズの根の部分に含まれている薬効成分には、ダイゼイン、ダイズイン、プエラリン等のイソフラボン誘導体があります。これらは風邪の症状に効果のある発汗や解熱、鎮痙作用をもっていることが広く知られています。

 

ここ最近の研究によると、イソフラボンは骨粗鬆症予防や更年期障害の軽減、また、高コレステロールの抑制効果のように、いろいろな効果を発揮してくれるようです。

 

葛の花にはこんな効果が!⇒ http://www.guardian-solutions.net/

更新履歴